LINEで送る
Pocket

はじめに

こんにちは。途上国系女子代表すらちんです^^

ジャカルタというと都市だよね!渋滞やばいよね!
といった声ばかり。
お土産?何がいいんだろう?と頭を悩ませてしまうのでは。
というわけで、
今回はジャカルタに訪れた際オススメのお土産について紹介していきます^^

バティック(batik)

まずオススメしたいのが、インドネシアの民族衣装であるバティック
何より風通し最高で南国で過ごすには快適なだけでなく、
日本のジメジメとした熱い夏にも、とっておきな1枚

photographerandreasyudhi.blogspot.com

photographerandreasyudhi.blogspot.com

予想以上にトレンディなデザインもあるんですよ^^
ちなみに・・・
バティック柄の衣類がユニクロから発売されるようです。
”ファッションブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング・インドネシアは3日、「バティック・モチーフ・コレクション」を発表した。国内のほか日本など世界11カ国・地域でも販売する。日常生活に密接に結びついた伝統文化であるバティック柄を世界に発信し、認知度の向上を図る。売り上げの一部は取引先工場従業員の教育支援活動に充てる。”(ジャカルタ新聞 2016年06月04日)
今後、国内外でフィーバーが起こるかも^^
そんなバティックですが、ローカルなスーパーから高級モールまで
比較的どこでも手に入れることができます。そんな中でも特にオススメしたいのは
batik keris(バティッククリス)というバティック専門店です。
http://www.batikkeris.co.id

http://www.batikkeris.co.id

品質の良いバティックがおよそ1,200円程度から揃っています。

www.streetdirectory.co.id

www.streetdirectory.co.id

カラーもバリエーションも豊富で嬉しい。
筆者は短パンを購入し、夏場のパジャマとして活用中です。

お近くのモールや空港でも見かけることができると思うので是非チェック!

ルワックコーヒー

20A215A9-DC5C-41AB-B2DD-AFDF87B4BD5E

皆さん、知ってますか?ルワックコーヒーの正体を。

ルワックコーヒーとはなんと、ジャコ猫の糞から誕生したコーヒーです。
ここでは詳しい説明は省略しますが、

日本でこのルワックコーヒーを飲もうとすると
びっくりするくらい高い!!

”世界で最も高価なコーヒーとして知られており、500グラムにつき300から500米ドルの価格で販売されている。かつては主にアメリカ合衆国と日本に出回っていたが、現在は、なお供給量こそ限られてはいるものの、世界各地で入手することが出来るようになった。世界最大の消費地は日本や台湾、韓国などのアジア諸国である。”(wikipediaより抜粋)

そんなルワックコーヒーがはるかに安い値段で購入できるのは
インドネシアが原産地だからなんです。

ちなみに筆者はジョグジャカルタへ旅行(厳選の旅:ジョグジャカルタ旅行で、行くべき5つのスポット)へ行った際に試しました。

1B2F90F2-38B6-4307-A3F0-D4552FC568CA

D2FF3B22-6637-4D4A-A893-9364CA975ABB

感想は・・・確かに味は違うかも。まったりとした深い味わい^^

グランドインドネシアやポンドクインダといった主要なモールにて購入可能です^^

 

ビンタンビール

ムスリム教徒が多いインドネシアでは
例えば筆者の住むデポックのようにアルコール飲料の販売が規制されている地域もあります。

そんなインドネシアでビールは飲めるのか?
はい、飲めます^^

インドネシアのビールがあるんです。

その名も、ビンタンビール^^
ジャカルタでは概ねのモールで手に入ります。

8209C79B-1D51-4546-9067-0FF123C3563D

E4B4C49B-444A-4C2E-9976-591DC10DB27E

レモン風味のラドラー味もお試しあれ^^

おわりに

いかがでしたか?
ジャカルタへ足を運んだ際は是非、
バティックを着てビンタンビール片手に乾杯し、
〆にはルワックコーヒーを飲んでリッチな気分に浸りましょう^^

そして何よりお土産用にキープをお忘れなく!