LINEで送る
Pocket

はじめに

こんにちは。
途上国系女子代表、すらちんです^^

今回は一般的には馴染みの薄い(?)
インドネシア料理について紹介していきます。

筆者がインドネシアへ留学した際、
インドネシア語が分からず、
何を注文していいか分からずあたふたしてました。

そんな時にこれを頼めばハズレがない!という料理をいくつか見つけ、
新規開拓したワルン(インドネシア版屋台)では
とりあえずその料理を注文することで、
激辛料理のようなハズレ(?)に合う確率を減らしてました。

それでは早速、紹介していきます^^

1ナシゴレン(nasi goreng)

ナシはご飯、ゴレンは炒めるという意味。
インドネシア版チャーハン。

インドネシア大学近くのワルンにて。15000ルピア(150 円程度)

インドネシア大学近くのワルンにて。15000ルピア(150
円程度)

一般的なワルンでは上記のスタイルだが、
ちょっと小綺麗なお店だとこんな感じで提供されることも。

ジャカルタ・コタ駅付近のレストランにて。

ジャカルタ・コタ駅付近のレストランにて。

ちなみに・・・
筆者が通う某私立大学の学食にて販売されているナシゴレン

Mサイズがなんと482円。高すぎる。の割に美味しくない。

Mサイズがなんと482円。高すぎる。の割に美味しくない。

しかも豚肉入り・・・。
これではせっかく故郷の味だと喜んだインドネシア人も
すっかり意気消沈してしまうのでは。

日本で本物のナシゴレンの味が食べられる日はまだまだ先かも。
ちなみに、本場のナシゴレンレシピも公開しているので

本場のナシゴレン!現地料理店の厨房へ進入

料理好きの人は是非チャレンジしてみて下さい^^

 

 

2ミーゴレン(mie goreng)

ミーは麺、ゴレンは炒める。
インドネシア版焼きそば。

こちらもインドネシア大学近くのワルンにて。22000ルピア(220円程度)

こちらもインドネシア大学近くのワルンにて。22000ルピア(220円程度)

特にオススメなのはミーゴレン・シーフード^^

3チャプチャイ(cap cay)

野菜が食べたいと思ったらこれ!!
いわゆる野菜炒め。
脂っこい料理が多い、インドネシア料理の中で
さっぱりしたものが食べたいと思ったら
とりあえずこれを注文すべし。

デポックにあるマルゴシティーのレストランにて。30000ルピア(300円程度)

デポックにあるマルゴシティーのレストランにて。30000ルピア(300円程度)

 

4サテ(sate)

インドネシア版、串焼き。

焼き鳥串(sate ayam)
牛串(sate sapi)
ヤギ串(sate kambing)
が有名。

 

こちらはピーナッツソース

こちらはピーナッツソース

 

5イカン(ikan)全般

日本では考えられないようなデカさの魚が
お店によるが1匹50000ルピア(500円)
〜120000ルピア(1200円)で食べれる。

蒸したものも美味♡

蒸したものも美味♡

揚げたものも美味♡

揚げたものも美味♡

 

まとめ

いかがでしたか?
以上、インドネシアで頼むべきオススメ料理ベスト5(定番編)でした^^

いやいや、ナシゴレンとかミーゴレンとか知ってるよっていう方には
インドネシアで頼むべきディープなインドネシア料理(味の保証は出来ない編)がオススメです。(近日公開予定)