LINEで送る
Pocket

はじめに

ジャカルタのモールの多くは英語が通じるものの、
レストランで働く方々まで英語が話せるケースはそれほど多くありません。

頼んでみたらイメージと違ったということがないように、
インドネシア語で簡単な注文ができるようになれば、
食べたいものが食べられるようになるでしょう。

また、インドネシアのレストランは分業制が多く、
注文を取る人、食器を運ぶ人、片付ける人etc…
それぞれに役割が設けられていることも。

それでは早速、適切な注文の仕方を学んでいきます。

1 注文したい時

1.1 店員を呼ぶ

店員を呼ぶ時は、permisi(ペルミシ)『すみません』と呼ぶか、
男の人にはMass(マス)『若い男の人の呼び名』
女の人にはMbak(ンバ)『若い女の人の呼び方』と声を掛けることができます。

ちなみに、中年以上の男の人はBapak(バパ)、中年以上の女の人はIbu(イブ)を使うことで
敬意を示すことができます。

1.2 メニューを貰う

インドネシアのレストランでは、メニュー表がないことも。
そんな時は、メニュー表を持ってきてもらわなければなりません。

店員さんを呼んだ後、『ada menu?』(アダ メニュ?)と聞いてみましょう。
ada(アダ)『〜ある、いる』という意味ですよ。

1.3 注文する

一番簡単な注文の仕方としては、『メニュー名、個数』だけで大丈夫です。

例えば、
nasi goreng(ナシゴレン), satu(サトゥ)『ナシゴレン1つ』
sate ayam(サテアヤム), dua(ドゥア)『サテアヤム2つ』
のように注文しましょう。

日本語や英語と同じですよね。

より正式に言いたければ、

『注文する』という動詞は『pusan』(プサン)なので、
saya mau pusan nasi goren satu
(サヤ マウ プサン ナシゴレン サトゥ)
『私はナシゴレンを一つ注文したいです』となります。

2 覚えておくと便利

2.1 es teh tawar(エス テ タワル)

インドネシアの飲み物は一般的な日本人にとっては異常だと感じるほど大量の砂糖が入っています。
甘いものが苦手な人にとって、この飲み物は少し苦痛かも。
そこで、甘くない飲み物が欲しいときは 『es teh tawar』 と注文しましょう。

また、豆知識ですが、氷の中央に芯のような穴があれば
その氷は消毒されていて安全だということ。

.

es(エス)『氷』
teh (テ) 『お茶』
tawar (タワル) 『味のない』

2.2 habis(ハビス)

habis(ハビス)『売り切れです。』

なぜか売り切れの多いインドネシア!
注文したときにハビスと言われたら
それは売り切れだということです。

オーダーはできていませんからお気をつけて!

2.3 pedas(プダス)

pedas(プダス)『辛い?』

インドネシア料理は油断していると、
たまにびっくりするほど辛い料理に巡りあい
お腹を壊してしまいます。(経験談)

そこで、初めての料理を注文する時は、
あらかじめ、辛いかどうか聞いておくことをお勧めします。
pedas(プダス)『辛い?』だけ知っておけば大丈夫!

2.4 pake nasi(パケ ナシ)

pake nasi(パケ ナシ) 『ご飯付き』
pake nasi(パケ ナシ)であれば、ご飯がセットで付いてくるので、別で注文する必要はありません。

また、店員さんに『pake nasi(パケ ナシ)?』と聞かれた時は、
ご飯をセットにしたい時は、『ya(ヤ)』(はい)
セットにしたくない時は、『tida pake(ティダ パケ)』(セットにしない)
と答えましょう。

3 オススメのインドネシア料理

筆者の経験談ですが、me goring seafood(ミーゴレンシーフード)を注文すれば高確率で美味しいです。

こちらもインドネシア大学近くのワルンにて。22000ルピア(220円程度)

筆者撮影

ちなみに、こちらの記事ではお勧めのインドネシア料理を紹介しています。

 

おわりに

いかがでしたか?
正しい注文の方法を覚えて、
インドネシア料理を美味しく召し上がりましょう。

もっと本格的にインドネシア語を勉強していきたい人は、
こちらの本もお勧めします。

カラー版 CD付
インドネシア語が
面白いほど
身につく本
(語学●入門の入門シリーズ)

新品価格
¥1,728から
(2016/8/12 15:47時点)

CD付 キクタン
インドネシア語
【入門編】

新品価格
¥2,160から
(2016/8/12 15:58時点)

インドネシア留学に関する記事はこちらにまとめています!