LINEで送る
Pocket

 

今回は、筆者が実際にインドネシアのMARGONDA RESIDENCEというアパートメントに住むと決めてから、
どのようにして部屋を確保したのか紹介していきます。

住居事情が知りたい方は、前の記事(留学生の生の声!インドネシアの住居事情とは)をご覧下さい。

 

宿選びは日本で?それとも現地?

ズバリ、日本で行いました。

しかし、現地に着いてからでも可能だと思います。

筆者の場合は、正規の交換留学として派遣されたため
大学のインターナショナルオフィスが仲介してくれて、
予め部屋を確保することができました。

 

また、たとえ、個人留学のような形であっても
留学先のスポンサーも支援してくれることが多いので
まずは周囲に相談&情報収集あるのみです。

 

 

かかる費用はどのくらい?

滞在先を決めるとき、
最もネックになるのは費用ですよね。

実際、安いの?

はい、安いです!!!

前回の記事でも紹介しましたが、
私はプールとテニスコート付きの快適マンション、
マルゴンダレジデンスに月2万で住んでました。

プールとテニスコートは部屋からも見えてた

部屋から見えるプールとテニスコート

これに光熱費が5000円くらいかかるかな。
プールの維持費がいるとかで若干高め。

部屋の広さは20㎡。
インドネシアのアパートは基本的に家具付きです。
ダブルベットが部屋の中央に装備されているほか、
机、冷蔵庫、テレビといった基本的な家具は整ってます。

ベットでかめ

ベットでかめ

キッチンの装備は自分で揃えましょう

キッチンの装備は自分で揃えましょう

注意すべきは
お湯の出ないシャワーポットでお湯を沸かそうとすると
ブレーカーがダウンしてしまうことくらいですかね。

お湯の出ないシャワー

お湯の出ないシャワー

でも、これで2万はお得ですよね???

 

住んでみた感想

大満足^^

クーラーよく効くし(部屋によるけど)
虫出ないし、

アザーン(イスラムのお祈り)が鳴り響いて寝れないけど
水シャワーはやっぱり冷たいけど
WiFiの接続悪いけど

でもね、
人間慣れるんです。

結論、住めば都^^

インドネシア留学に関する記事はこちらにまとめています!