LINEで送る
Pocket

 

はじめに

目の前に広がる要塞(筆者撮影)

(筆者撮影)

ロンドンから電車で西へ約2時間程進むと、ロンドンとはまた違った街並みが広がるウェールズ地方へと続きます。

実はウェールズ地方はイギリスの中で最も面積あたりのお城の建築数が多いと言われているんです。

また、天空の城ラピュタのモデルとなったとも噂されるのも、このウェールズ地方です。

 

そんなウェールズ地方カーディフの中心都市・カーディフにそびえ立つお城こそが『カーディフ城』です。

ウェールズにあるお城の中でも抜群にアクセスが良いので、

限られた観光時間でも容易に訪れることができ大変オススメ。

それではお城の全貌を早速紹介していきます。

 

1 アクセス

ウェールズでは英語とウェールズ語が公用語(筆者撮影)

ウェールズ地方では英語とウェールズ語が公用語(筆者撮影)

まずは、ロンドンからのアクセス方法について。

ロンドンからカーディフまでの主なアクセス方法としては、電車とバスの2種類が一般的です。

出発地 所要時間 価格
電車 ロンドン・パディントン駅 約2時間半 約£44から(オフピーク時)
バス ビクトリアコーチステーション 3-4時間程度 約£12から

 

ロンドンからカーディフまではイギリスの田舎街の風景が車窓から楽しめますよ。

カーディフ城はカーディフの街の中心部にあり、

先ほど紹介したカーディフ・セントラル駅からであれば徒歩約15分程度で到着します。

 

2 カーディフ城の周り方

それでは早速お城へ。

 

カーディフ城の入り口(筆者撮影)

カーディフ城の入り口(筆者撮影)

日本語も!(筆者撮影)

日本語も!(筆者撮影)

&nbs

2.1 入場料金と注意点

ゲートをくぐると右手に入場券を購入する場所があるので

まずは入場券を購入しましょう。

大人£12.5 子供£9(5歳から16歳)

ちなみに!

カーディフに留学中orカーディフで働いてる人であれば、

国籍問わず、カーディフ城に3年間入場し放題のcardiff keyと呼ばれるパスをわずか£6で購入できます。

購入時には身分証明書の提示が必要なのでお忘れなく。

2.2 城内設備の紹介

なんともウェールズっぽい(筆者撮影)

ウェールズらしさ満点(筆者撮影)

ロンドンとはまた違った雰囲気を醸し出すこのカーディフ城は

約2000年前にローマ人によって建築されたのがはじまりです。

 

当時は海へ近いという立地条件を利用するため建築されたのですが、

その後、イギリスがノルマン人に征服された時代に修復・再建築されました。

 

敷地は石造りの巨大な壁によって分割されており、

小高い丘の上に立つこのkeep(天守閣と訳せばいいのでしょうか)は

当時のグロスター公爵 Robert Fitzhamon(ロバート・フィッツハモン)によって

建設されたと言われています。

 

約50段の階段を上るとウェールズらしい自然豊かな街並みが見下ろせます。

なんとも立派な要塞(筆者撮影)

立派な要塞(筆者撮影)

(筆者撮影)

カーディフベイ側の眺め(筆者撮影)

(筆者撮影)

階段を上る価値アリ(筆者撮影)

2.3 Castle Apartments

カーディフ城の魅力は要塞だけではなく、

ゴシック様式の王宮を見学できることにもあります。

日本語のガイドもあり(筆者撮影)

日本語のガイドもあり(筆者撮影)

 

まるで中世ビクトリア時代の夢物語のような、

ゴージャスなアパートメントの部屋をゆっくりと見て回り

タイムトリップした気分を味わうことができます。

※一部の部屋に関してはガイドツアーを予約せねば入場できないので注意

(ガイドツアーには別途料金:大人£3.25)

 

以下の写真はすべて通常料金で入場した際のものです。

Arab room(筆者撮影)

Arab room(筆者撮影)

library(筆者撮影)

library(筆者撮影)

The Banqueting Hall(筆者撮影)

The Banqueting Hall(筆者撮影)

3 ちょっと寄り道してみては?

自然豊かなウェールズ地方は、カーディフ中心部においても例外ではありません。

お城のすぐ横にはBute park(ビュートパーク)と呼ばれる広大な公園が広がっています。

お城を巡ったあとには自然を満喫するのもオススメ。

海鳥がいっぱい!(筆者撮影)

海鳥がいっぱい!(筆者撮影)

カフェも隣接(筆者撮影)

入り口右手にはカフェも隣接(筆者撮影)

スクリーンショット 2017-07-30 18.39.55

カフェの入り口(筆者撮影)

ランニングを楽しむ現地の人々(筆者撮影)

ランニングを楽しむ現地の人々(筆者撮影)

落ち着く光景(筆者撮影)

落ち着く光景(筆者撮影)

カフェでアフタヌーンティーを楽しむもよし、

コーヒー片手に散歩するもよし、

自然いっぱいのカーディフでは

日々の雑踏から離れた素敵な時間を過ごすことができますよ。

おわりに

以上、カーディフ城プラスαの紹介でした。

イギリスを訪れた際は定番ロンドンから少し足を伸ばして小トリップしてみると

また違った雰囲気を楽しめます!

 

カーディフ城営業時間 3月〜10月 9:00-18:00/ 11月〜2月 9:00-17:00

※参考サイト:http://www.cardiffcastle.com(公式HP)