LINEで送る
Pocket

はじめに

イギリスに留学中の方、これから留学する方
そしてイギリスに全く関係のない方も、
こんにちは。

私は現在イギリスのウェールズ地方の首都カーディフにある
カーディフ大学にて留学しています。

ある日ポストを開けてみるとこんなものが入っていました。
不在票です。

1 イギリスに再配達は存在しない

日本から書き留めを利用して郵便物を送ってもらっていたのですが、
運悪く受け取ることができませんでした。

するとどうなるか…

不在票には、
”being held at your local office, ready to collect the next working day ”
つまり、保管してるから取りに来てねって書かれてありました。

(筆者撮影)

(筆者撮影)

仕方がない、

行くしかないのです。ロイヤルメールのオフィスまで。
日本みたいに指定した時間に再配達なんぞしてくれないのです。

 

カーディフのロイヤルメールのオフィスはシティからリバーサイドを越え、

さらに西に20分程歩いたところにあります。
(近くにIKEAもあります)

2 ロイヤルメールのオフィスへ突入

というわけで行ってきました。

(筆者撮影)

(筆者撮影)

入り口は意外と厳重のように見えますが、
ボタンを押せばすぐに扉は開きますので心配ご不要。

(筆者撮影)

(筆者撮影)

中に入ると日曜日だったからか思いの外たくさんの人が荷物を取りに来ていました。
ここで、注意なのが、不在票に身分証明書が必要と書かれていたこと。

パスポートを持ってきていたのですが、

全く見られませんでした。

聞かれたのは郵便番号だけ。
しかも記憶してなかったため、
すみません、覚えてないんだよねと
非常に手間取っていたにもかかわらず、
あっさり通過しました。

というわけで一件落着!?

おわりに

イギリスのロイヤルメールはきちんとシステム化されており、

不在票を見せれば受け取ることはきちんとできるものの、

身分証明書を見せる必要がなかったりと少しセキュリティーの面で心配もありました。

 

もしかしたら人によって対応が異なるかもしれないので

お世話になる際はパスポートを忘れずに!