LINEで送る
Pocket

はじめに

スワンです。北米観光の際に、カナダのモントリオールからニューヨークGreyhoundバスで行きました。モントリオール~NYCは9時間ほどで70ドルくらいから見つけられます。バスでの移動は値段が安くWi-Fiもあり、入国審査も比較的簡単なのでおすすめ!私は2016年の8月に朝7:30発の便を利用しました。

利用される際はパスポートと入国税分のアメリカ$を忘れずに!

1チケット購入と出発

1.1チケット

チケットはオンラインでもオフラインでも購入できます。値段はネット予約のほうが安いこともある様子でしたが、私が予約する時は同じ価格だったので窓口で直接購入しました。

オフラインならバス停で直接購入、ということで私は移動前日の夕方にバス停の場所確認もかねてチケットを買いに行きました。(オンライン購入の場合は自分で紙に印刷するか窓口で発券してもらうか選択できます。窓口で発券してもらう場合は並ばなければならないので、時間に余裕を持って到着しましょう)

場所はUQAMのMontreal central station。

入り口から入ってすぐ右手にチケットデスクがあり、英語で後日のチケットを購入しました。ただ、これが窓口が少ないため結構待たなきゃいけなくて、結局30分以上かかったので、窓口でのチケット購入や発券は時間に余裕を持って行ってください。

1.2出発ゲート

朝7時にターミナルに到着し、ベンチに座って出発を待ちました。施設内は広く、カフェとコンビニがあってベンチも沢山あります。中にはここで泊まってベンチで寝ている人の姿もありました。(誰でも自由に入れるため安全とは言えませんが)

ゲートごとに番号が書かれているので出発ゲートは簡単に見つけられます。

1.3乗車

出発時刻が近づくとゲート前に列ができます。席が指定されていないので場所取りは早い者勝ちです。

時間になるとチケットとパスポート(この後国境をこえるので)を見せて乗車。大きな荷物はバスの荷物スペースに入れてくれます。

あとは好きな場所に座るのみ。窓側で右側の席のほうがよりいい景色をたのしむことができるかも。

2道のり

2.1国境越え

2時間ほどでアメリカ国境に到着します。着いたら貴重品とともに降りて入国審査に向かいます。(*パスポートと入国税6ドルは絶対です)

入国審査は時期で差があるのかもしれませんが、私が利用した時は列には前に4組とバスの乗客のみ。10分ほど待って、自分の番。審査官にもよりますが陸路の入国審査はあっさりしていることが多いようで、私が答えたのは「どこから来たの」「どこに行くの」「目的は」「じゃあ向こうで6ドル払ってね」くらいです。滞在期間すら問われずに一瞬で済みました。

あとはそのまま進みお金を払って終了。バスで全員がそろうのを待って30分後くらいに出発しました。

2.2トイレ休憩

 

1回目のトイレ休憩です。ガソリンスタンドの奥にファストフードがあるのでバスに持ち帰って食べたりできます。

Plattsburgh

Plattsburgh

2回目のトイレ休憩です。ピザ屋なのですが中の写真を撮りそびれました。美味しそうなのでこちらも是非テイクアウトしてみてください。

Glens Falls

Glens Falls

2.3アルバニー(Albany)

ニューヨークの州都です。ニューヨーク州の首都はニューヨーク市でなく実はこんなところにあるということは、あまり知られていないことかもしれません。

ここで40分のお昼休憩がありました。州都とはいえど特に大したものが周りにない。おなかが減ったので仕方なくターミナル内のレストランでサンドイッチを食べました。しばらくすると案内があって再びバスに乗りました。

3ニューヨーク到着

3.1ポートオーソリティバスターミナル(Port Authority Bus Terminal)

ニューヨーク市内に入る道は常に混んでいます。特にリンカーントンネルは大渋滞で、やっとの思いで到着しました。

ここに着いてしまえばあとは楽チンです。というのもこれがすごく好立地!地下鉄駅に直結しており、外に出ればタイムズスクエアまで歩いて5分ほど。もしホテルがニュージャージー州だというならNJ Transitのバスもここの上階から頻繁に出ています。

おわりに

特に問題もなく快適に入国しニューヨークまで行くことができました。飛行機や電車に比べると格段に安いため、おすすめです。陸路で入国というのも私のような飛行機で入国することが多い人には新鮮な経験かもしれません。価格や休憩等はバスの時間により異なるようですが、少しでも参考になればと思います。

(また、GotoBusという中国系の少し安めのバス会社などもあるのですが、環境はあまりよくはありません。バス停はないため小さな旅行会社の前などでバスを待ち、乗車後もWi-Fiはなく、客層が悪く、座席も満席でした。)

この記事を書いた人

swan
swan
バンドン工科大学に交換留学。現在は、北米や南米、欧州、アジア等でホームステイなどをしながら世界を一周中。