LINEで送る
Pocket

Question(質問)

インドネシア大学に留学するのですが、住む場所について教えて下さい!住居の選択肢と家賃、そしてオススメの住居先を教えてくれませんか?

Answer(回答)

インドネシア大学に留学する際、住居については3つの選択肢が考えられます。それは、コスアパートメントホームステイです。
コスとは、シェアハウスのことです。トイレやバスルームが共同で、各自部屋が与えられています。コスによっては、掃除や洗濯はコスのお手伝いさんがやってくれる場所もあります。家賃は、2千円〜3万円程度で、家賃によってクオリティはかなり違います(笑)。ご飯を提供してくれるところもあります。安ければ安いほど、ローカルなインドネシアを体感できると思いますよ(笑)。
アパートメントは、日本のアパートとは少しイメージが違います。比較的高級で、プールやテニスコートが付いていることもあります。インドネシア大学に留学する日本人や韓国人の大学生は、マルゴンダレジデンスというアパートメントに住むことが多いです。インドネシア大学からも徒歩で数分の距離で、プールやテニスコート、コンビニ、洗濯屋(インドネシアでは洗濯機はあまり普及しておらず、洗濯屋に出すのが一般的です。)があるので、とても便利です。家賃も2万円程度なので、割安だと思いますよ!
ホームステイをしている人は、稀にいます。私費でインドネシア大学のBIPAに語学留学をする人が、エージェントに勧められた場合が多いようです。逆に、企業派遣や交換留学生で、ホームステイをしている人はほとんどいません。
安全を取るならばオススメは、マルゴンダレジデンスです。日本人が多くいるので、そのコミュニティに入れれば、病気になった際や、盗難にあった際に助け合うことができます。また、すぐ近くに病院があります。よく、食あたりに会う人がいるので、病院が近くにあると安心かもしれません。
インドネシア語を伸ばして、インドネシア文化に浸りたいならば、安いコスがオススメです。周りはほとんどインドネシア人なので、インドネシア語でコミュニケーションをとらなければならないので、かなり力はつくと思います。

【この質問に役立つ記事】

・実際にインドネシア大学に留学していた人が、住居について書いた記事なので役に立つと思います。2つの記事に分かれて、住居選択とマルゴンダレジデンスに住んだ感想について書かれています。

【質問への関連記事】

・インドネシア大学あるデポックという町について書かれた記事です。デポックの交通手段やスーパーについて書かれているので、留学する方には有用な記事かもしれません。

・同じくデポックについて書かれた記事で、デポックのレストランやワルン(屋台)がわかります。かなりニッチな記事で、インドネシア大学に留学する方には貴重な記事だと思います!