LINEで送る
Pocket

はじめに

こんにちは!現地調査員のころちんです。
最近は、ナシゴレンの素やナシゴレンの冷凍食品が日本で販売されているようで、日本でもナシゴレンの認知度が高まっているようです。
インドネシア語で、ナシはご飯ゴレンは炒めると意味します。
つまり、ナシ(=ご飯)+ゴレン(=炒める)=ナシゴレンで、炒めたご飯という直訳になり、チャーハンのような料理を指します。
しかし
”ナシゴレン”と検索しても、何かインドネシアで食べている本場のナシゴレンとは異なっているので、少し不満です(笑)。
そこで今回は、インドネシア庶民が、日常食べているナシゴレンを紹介したいと思います!
現地料理店の協力のもと、ナシゴレンができるまでを追っていきます!
現地のお店

現地のお店

さぁ、厨房に潜入

本日、潜入するのは、Good Dayというインドネシ大学(インドネシア大学を知りたい方はこちら)の近くにあるお店です。

かなり庶民的で、絶対に日本の駐在員等が入るお店ではないお店なので、かなり独自性のあるデータになると自負しています(笑)。

お店の人々

お店の人々

このように、お店の人々の協力のもと、厨房に入ってみました!

厨房はこのようになってます↓↓

ナシゴレン現地店の厨房の中

ナシゴレン現地店の厨房の中

 

食材と調理

まず、ナシゴレンで使う食材はこのようになっています。

本場ナシゴレンの食材

本場ナシゴレンの食材

人参やネギ、ニンニクや、日本では見慣れない香辛料を使っています。

ケチャップマニス

ケチャップマニス

そして、ケチャップマニスというメインの味付けを行う秘伝?のタレです!

実は、こういった特性のタレは、地域ごとによって味付けが違ってナシゴレンは一様の味ではないのです。

例えば、スマトラ島の北端のアチェでは、ナシゴレンはとても辛く、ボルブドゥールで有名なジャワ島中部のジョグジャカルタは、比較的甘い味付けになっています。魚介が豊富なマカッサルでは、米の色が赤く、魚介類が豊富です。そして、観光客が多いバリのナシゴレンは、万人受けのケチャップ風味のナシゴレンが多い気がします笑(これは、独断と偏見で、現地の人々が食べているのはもちろん違うと思いますよ!)。

少し脱線しましたが、それでは作っている様子を見てみましょう!

まずは、人参を切って、具材の準備をしていきます。

具材の準備

具材をカット

その後、炒めた具合を炒めていきます。

具材を炒める

具材を炒める

そして、時間が経ったらご飯と炒めます。

ご飯と具材を炒める

ご飯と具材を炒める

意外と火力が強くてびっくりしました(°_°)

このように炒めた後は、盛り付けをして完了です。

これぞ本場のナシゴレン!!

 

本場のナシゴレン

本場のナシゴレン

これこそ、本場のナシゴレンです!!

巷で流れているナシゴレンと違うのは、このクルプックという、上のスナックのようなものが大量にあることです!そして、少ししなっている(笑)

あと、ジャカルタ周辺のナシゴレンは、きゅうりも必須です。

巷で想像されるナシゴレン (出典:ギャザリー)

巷で想像されるナシゴレン
(出典:ギャザリー)

よく、日本のインドネシア料理店や、日本のウェブサイトで紹介されているような↑ナシゴレンは、ほとんど見たことがないです。インドネシアの屋台で食べたら、サテ(焼き鳥みたいな料理)が、ナシゴレンとついてくることもまずありません!!

本場のナシゴレン

本場のナシゴレン

このようなナシゴレンが、庶民のナシゴレンです!!(笑)

そして、値段もRp.10,000(100円程度)です!!

ちょっと熱を変なところで入れてしまった気がしますが、本場のナシゴレンを少しでも知っていただければ幸いです(笑)

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

本日は、完全にローカルで本場のナシゴレンを紹介しました。

ローカル感を味わいたい人は、この75円でラクダに乗れる動物園の記事を読むといいかもしれません!

ころちん

それではまた!!