LINEで送る
Pocket

はじめに

世界遺産の街として知る人ぞ知る、魅力の観光地!
私はインドネシアに留学していた際に、友人にルアンパバーンを訪れた話を聞き、
ラオスってどんなところ?行ってみたい!!と夢見ていました。

ルアンパバーンのナイトマーケット(筆者撮影)

今回、お盆休みの機会にルアンパバーン観光が実現したので、
本記事では、実際にアクセスした方法と共に、オススメの行き方をご紹介します。

1 日本からルアンパパーンへのオススメのアクセス方法(飛行機)

1.1 ルアンパパーン への直行便はあるの?

日本からルアンパバーンへの直行便は就航していないため、
※2019/11現在
ラオスの首都ビエンチャンからトランジットまたは、
東南アジアの主要都市からトランジットになります。

1.2 オススメのアクセス方法は?

オススメは東南アジアの主要都市からのトランジットです。

※2020/3よりラオス航空がANAと提携し、
熊本-ビエンチャン、ルアンパパーン への直行便を就航予定ですが、
首都圏にお住いの方は熊本までのアクセスが少し大変ですよね。

どっちみち、トランジットが必要であれば、
東南アジア主要都市経由でルアンパパーン へ向かう方が、
就航本数が多く、利便性が高いと思います。

1.3 東南アジア主要都市の直行便就航状況

2019/11時点でルアンパバーンへ直行便を就航している東南アジアの都市は
以下の通りです。
・タイ(バンコク、チェンマイ)
・ベトナム(ハノイ)
・カンボジア(シェムリアップ)
・シンガポール

バンコク、ハノイ経由であれば日本(成田、関空)から
それぞれLCC(エアアジア、ノックスクート、ベトジェット他)が就航しているので
トータルコストは抑えられます。

もしくは、とにかく楽な方法がいい!という方は、
バンコク経由のバンコクエアウェイズ(JALとのコードシェア便)もしくは
ハノイ経由のベトナム航空を利用することをお勧めします。

なぜなら、両航空会社はそれぞれバンコク、ハノイから
ルアンパバーンへの直行便を運行しているため
トランジットが比較的楽にできるからです。

2 私が実際にルアンパバーンにアクセスした方法

2.1 東南アジアの直行便就航都市を利用

今回は東南アジアを個人で周遊していたので、
行きはタイ・チェンマイからラオス国営航空を利用、
帰りはベトナム・ハノイへベトナム航空を利用し移動しました。

ちなみに、周遊日数が7日と限られていたので時間のかかる陸路での移動は
全く視野に入れませんでした。

2.2 行きのフライト(タイ・チェンマイから  ラオス国営航空)

ラオス国営航空(便名:QV636)に搭乗しました。

フライトは15:15発、16:25着、所要時間1時間10分。

航空券は14000円程度でした。

ラオス国営航空のHPより購入しました。

2.3 帰りのフライト(ベトナム・ハノイへ  ベトナム航空)

ベトナム航空(便名:VN930)に搭乗しました。

フライトは19:10発、20:10着、所要時間1時間。

航空券は11000円程度でした。

こちらもベトナム航空のHPより購入しました。

3 ルアンパパーンの空港ってどんな感じ?

3.1 ルアンパバーン空港の様子

空港の外観(筆者撮影)

 

非常にこじんまりとしていて、ベンチはあるものの、
飲食店はありませんでした。

空港の内部の様子(筆者撮影)

驚いたのが、辺りがほぼ未開拓と言っていいような
田舎の中に、ぽつんと空港が位置している点です。

まもなく、着陸というとき(筆者撮影)

ルアンパバーン街中まではホテルで予約したタクシーを利用し
約15分程度でしたので、こじんまりとしているだけあって
アクセスは良いです。

また、タクシーの客引きをするような人も見かけなかったので、
街中への移動は宿泊先のホテルにタクシー手配をお願いするのが
安心だと感じます。

3.2 ATMはあるの?

空港外にATMがあるので、デビットカードでラオスキープの引き出しはできました。
(ルアンパパーン の街中にもあちこちにATMがあるので、
あえて空港で引き出ししなくても大丈夫ですよ。)

3.3 日本円との両替はできる?

両替所もあり、日本円のレートも記載されていたので、
ラオスキープとの交換可能だと思います。

両替所の表示(筆者撮影)

4 (おまけ)ラオス航空とベトナム航空に乗ってみて・・・

タイトルにも書いた通りなのですが、ラオス航空が意外にもオススメです。

小型のプロペラ機(筆者撮影)

ラオス航空にて離陸前は、人生初のプロペラ機にびびっていました。
(乗物酔いが酷いので)

しかも、離陸前にちょうどスコールに遭ってしまい、天候不良の中でのフライト。

相当の揺れを覚悟し、寝るしかないと腹を括っていたのですが、
僅かにしか揺れませんでした。

1時間程度のフライトにも関わらず、ライトミールも提供され、
思いの外、大満足なフライトとなりました!

機内の様子(筆者撮影)

機内食の様子(筆者撮影)

ちなみに、帰りのベトナム航空のフライトは定刻から30分遅れ、
機内食なく飲み物とスナックを配られたのみでした。

おわりに

ルアンパパーンは日本からのアクセスは少し手間がかかりますが、

まとまったお休みが確保できたら、是非訪れる価値がある都市です。

日々の雑踏を忘れて、のんびりした時間の流れに身を任せて、

ただただ、落ち着いた時間を過ごすことができます。

皆さんも、ルアンパバーンで楽しい旅を過ごして下さい。