LINEで送る
Pocket

はじめに

世界の皆さん、こんにちは!

ナポリと聞いて何を連想するでしょうか?

真っ青な空と光り輝く海、美味しいピッツア・マルゲリータ、陽気な人々などを想像する人が少なくないでしょう。ナポリは、南イタリアの魅力を内包していると個人的にも感じています。

一方、それと同時に、ナポリ=危険な都市、治安が悪い都市と連想する人も多いと思います。事実、他のイタリアの都市と比べると、ゴミが多かったり、アジア・アフリカ系の移民の数が多く、危険なイメージを持っている方が多いです。中には、ナポリはバスでしか見学できない、サファリパークのような危ない場所だと言っている人も見受けられます。

しかし、どの都市にも危ない場所はあり、気をつけておくべきことさえ守っておけば、安全に観光をすることはできます。また、ナポリという街自体に多くの魅力があるのに加え、カプリ島やポンペイ、アマルフィなど、ナポリを起点として訪問できる有名なスポットも多々あり、イタリア観光でナポリは欠かせないスポットです。

そこで、ナポリの中心部で生活をして、ナポリの街中をくまなく歩いた著者が、ナポリの治安と注意すべきスポットを解説していきます!!是非、ナポリを訪問する際に参考にしてみてください!

 

1ナポリの治安、留学中にあった犯罪事例

ナポリの路地裏 (出典:著者撮影)

ナポリでは(他のイタリアの都市と同様に)観光客が被害にあうことがあるのですが、被害に関する情報が過剰に伝わっていることがあります。

例えば、インターネット上で、”ナポリの旧市街地を歩いていると、バイクに乗った人が耳につけていたピアスをちぎって盗んでいった”と記載されているのを見かけたことがあるのですが、そのような事態が起こることは考えにくいです。私が滞在している期間、多くの日本人や留学生、現地のイタリア人(大学の友人や警察官などなど)に尋ねましたが、そのような被害にあったことや聞いたことはありません。また、私も旧市街地の近くで生活をしていましたが、肌感覚としてそのようなことが想像できません。

それより、外国人がよく被害にあう事例があるので、そちらを4つほど紹介していきます。

①後ろからポケットに入っているスマートフォン(特にiPhone)や財布を狙う。

こういったスリはナポリで数多くあります。下の2では、ナポリの治安の悪い地域をピックアップしていきますが、スリに関していうと、中心地では様々な場所で被害を聞きます。

②一人が話しかけて、もう一人がポケットからスマホや財布を狙う。

よくある方法として、二人組でスリをしてくることがあります。一人が話しかけたり接触をして注意を引き、もう一人がポケットやバックの中から、貴重品を盗みます。

③銃を突きつけ、スマホや財布を要求する。

特に、夜のガリバルディ(下で詳しく解説)で、この被害はいくらか耳にしました。歩きスマホをして路地裏に入ることや、危険な地区に一人で入るといったことをしない限り、この被害に遭うことは少ないです。最善の注意をしてください。

④仕組まれたギャンブルに誘導する。

ナポリ中央駅から、コソン・ウンベルト1世通りに行く道にかけて、一つのテーブルに群がって賭け事をやっている集団がいます。彼らは、5人程度がグルで参加していて、観光客からお金をだまし取ろうとしています。優しく、一緒に見ようと話しかけてくる人もいますが絶対に近づいてはいけません。

 

①と②、④は自分の注意で対応することができますが、もし③の事態にあってしまった場合は素直に物品や金銭を渡したほうがいいでしょう。ナポリを問わず、薬物の中毒者等が、強盗をするケースが多いため何をされるかわかりません。自分の命を守ることを優先させてください。

それでは、次に具体的にどこを気をつければいいかを説明していきます。地図も合わせて記載しているので参考にしてください!

2 危険と言われる地域

2.1 ガリバルディ(ナポリ中央駅の周辺)

6174594736_IMG_2681

ガリバルディ(ナポリ中央駅周辺)(出典:著者撮影)

ガリバルディは、ガリバルディ駅とナポリ中央駅の周辺を指します(地下鉄がガリバルディ駅で、他の都市を結ぶ駅がナポリ中央駅ですが、現地の人はこの周辺を”ガリバルディ”と呼んでいます)。

ナポリの中でもダントツに治安が悪い場所といわれています。
私の友人たちも、ここでよく犯罪にあっていました。特に、警察が少なくなっている日曜日の夕方から夜にかけて、スリが多くなる傾向があるようなので、最善の注意を払ってこの付近は歩いてください。メインストリートでも、スリにあった人もいるので気をつけて下さい!

夜中にガリバルディを利用しなければいけない際も、メインストリート以外は絶対に歩かないようにしてください。夜にガリバルディの路地を歩いていたトルコ人の留学生が、銃を突きつけられ財布やスマホを盗まれる被害も耳にしています。また、私の友人でガリバルディに住むイタリア人でさえ、夜遅くなった場合、家があるガリバルディには戻らずに、友人の家に泊まるようにしていました。

日本人が注意するのは言うまでもありません(^^;)

[地図・アクセス]

2.2 スペイン地区

スペイン地区

スペイン地区(出典:著者撮影)

スペイン地区も、ナポリで最も危ない地区の一つと言われています。しかし、有名なブランド等が並ぶトレド通りと接していて、私や友人の肌感覚としては特段、危なくはないと思います。ただ、交通ルールを守らないバイクの交通量がとても多く、東南アジアのような光景が広がっています。

トレド通り沿いのスペイン地区には、美味しくて安いレストランがたくさんあり、トレド通りが離れない場所に位置するレストランならば、利用してみてください!しかし、スペイン地区の中に、定番の観光地があるわけでもないので、個人で訪問する際はできるだけ奥地には足を踏み入れないことをおすすめします。近年に、流れ弾が当たって被害に遭っている方もいるので、一人でスペイン地区の中をウロウロするのはやめた方がいいかもしれません。

[地図・アクセス]

2.3 フォルチェッラ

フォルチェッラ

フォルチェッラ(出典:著者撮影)

フォルチェッラ地区は、カモッラの本拠地があるともいわれ(本当かはわかりませんが大家さんに指摘されました)、ナポリの郊外の人も危険だと思っている場合があります。

実は、私もこのフォルチェッラ地区で住んでいて、ナポリ郊外に住んでいる友人に心配されたことがあります。しかし、最低限の注意を払って日中に歩いていて、被害に遭うことは考えにくいです。この地区周辺には、多くの中国人移民も滞在しているため、日本人顔というだけでは目立ちません(私は何の躊躇もなく、イタリア語で話しかけられていました)。

また、この地区は、ピザの集積地でかなり有名です。日本でも恵比寿に店舗を構える、「ダ・ミケーレ」の本店もここにあります。他にも、ピザフリッタ(ナポリで有名な揚げ物のピザ)の老舗、3ユーロで食べれるピザなど、個性豊かで美味しいピッゼリアがたくさんあります。ナポリの食、特にピザを楽しみたい人は、必ず訪れるべき場所なので、ぜひ躊躇せずに訪問してみてください!

 

[地図・アクセス]

2.4 スカッパナポリ

スカッパナポリ

スカッパナポリ

ここはナポリ観光の定番中の定番。サンタ・キアーラ教会やサン・ドメニカ・マッジョーレ教会などナポリを代表する教会や、歴史あるバールやピッゼリア、数多くのお土産屋が、細い道に並んでいます。

観光シーズンは、その細い道に多くの観光客が集まるため、スリの被害に遭うことがあります。しかし、警察官が警備していることもあり、強盗にあうことはほとんどないでしょう。

しかし、スカッパナポリから少し離れた、ジュッソというナポリ東洋大学のキャンパスの近くで強盗の被害にあった方もいるため、できるだけスカッパナポリ周辺の小さな路地は一人で歩かないことをお勧めします。

 

[地図・アクセス]

3 ナポリで注意すべきこと

上で説明したように、ガリバルディ(ナポリ中央駅)周辺を除いて、銃を向けられたり劣悪な被害に遭うことはあまりありません。

実際に、私は学校への行き帰りといった普通の生活に加え、日本人を観光案内したり、街をあることが好きな性分であったため、ナポリの街を留学中にかなり歩きまわりました。ときには、危ない目にも合いながら、気をつけたほうがいいポイントを体感的に学んでいきました。5つ紹介していくので、頭に入れてナポリでは行動してください!

①自分の周囲にどのような人たちがいるか見渡す(背後は取られないようにする)。

背後を取られてスリに遭うことが多いです。また、浮かれた観光客を狙って後ろから付いてきて、(ナポリだけでなく多くのイタリアの大都市では)隙を狙っている輩もいます。しかし、彼らも警戒されてるとわかると、ターゲットを変更するので、周りを見渡し危なそうな人には、目で簡単な牽制をしたり、早歩きで距離をとるようにしましょう。

②携帯と財布を後ろポケットは言うまでもなく、リュックサックの前ポケットにも入れない。携帯の充電をしながら街を歩かない。

リュックサックのポケットを開けられることはよくあります。電車通学のナポリの友人の中には、リュックサックを使わないことを徹底している人さえいました。

また、携帯を充電しながら歩いていると、どのポケットに携帯を入れているか特定されます。特定したポケットにめがけて、スマートフォンを盗む悪党もいるので気をつけてください。

③(イタリア語が分からない場合)基本的に街で話しかけられた場合は反応しない。

もちろん、バールやレストラン、スーパーの店員といった人が話しかけてくれた場合は、交流することを勧めますが、路上で絡まれた場合は反応しないことを勧めます。大半のナポリ人は、勤勉で親切な人々です。しかし、これまで述べたように観光客をターゲットに盗難をしている人も多くいるので、相手にしないようにしてください。

④できるだけ一人で街を歩かない。

スリを行う人も、相手に気づかれないようにするのに必死です。目が2つより、4つの方が相手もスリをするのが難しいので、2人以上で行動するようにしてください。自分や友人の話を聞いていても、一人で行動している際に、被害にあっていることがやはり多いです。

⑤地味な服装に心がける(中国系の移民だと思われれば被害に遭う確率が激減します)。

ナポリには、多くの中国系移民がいます。正直、顔だけでは日本人と中国人を判断することが難しいです。現地の中国人は、地味な格好をしているので、自分たちもそれを利用して地味な格好(目立たない服)で街を歩くと、被害にあう確率が激減します。

⑥ガリバルディには駅を利用する以外は、近づかない方がいい

上で紹介した地域の中でも、ガリバルディは治安がかなり悪いです。強盗などの被害を聞くのもここが多いです。駅を利用するなどの用事がない限り、あまり近づかないほうがいいです。

 

以上、6つの注意点にそって行動すると、被害に遭う確率がだいぶ減ります。

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

私のナポリ生活の経験を活かして、実際に見聞きした犯罪事例や注意点を解説していきました。イタリアの中で治安が悪いと言われるナポリですが、しっかりと注意して街を歩けばかなり楽しめると思います!

ぜひ、ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノだけではなく、ナポリも観光する第一候補に入れてみてください!