LINEで送る
Pocket

はじめに

クラクフといえば、
あの有名なアウシュヴィッツやヴィエリチカ岩塩坑への
観光拠点として滞在される方が多いと思います。

しかし、ポーランドの京都と呼ばれるクラクフは街自体にも魅力がいっぱい
筆者自身、クラクフ観光にはあまり時間を割くスケジュールを予定していなかったのですが、
もっと長くいてもよかったな〜と後ろ髪を引かれる思いで街を去りました。

しかも、Price of Travelが発表するバックパッカー指標では
コストのかからない都市・堂々の3位!

”・ホステル:35.23ズヴォティ(927円)
・交通:5.6ズヴォティ(147円)
・食事:24ズヴォティ(631円)
・酒:18ズヴォティ(473円)
・観光:16ズヴォティ(4208円)

・1日当たり98.83ズヴォティ=2599円”

詳細⇒https://www.priceoftravel.com/

というわけで正直1日ではもったいないですが、
時間のない方にもオススメできるスケジュールを紹介するので、
クラクフを満喫していただけたら幸いです!

1 まずは旧市街地の中心へ!

1.1 中央広場

筆者撮影

筆者撮影

街の全体像を掴むためにもまずは旧市街地の中心である
中央広場へと足をのばすのがオススメ!

総面積は4万㎡あり、
中世から残る中央広場としてはヨーロッパ最大級です。

[地図・アクセス]

 

1.2 織物会館

出典:https://www.flickr.com/

出典:https://www.flickr.com/

中央広場の正面にある大きな建物は
ルネッサンス様式でできた織物会館です。

14世紀に建てられた際は布地の取引が行われていたことにちなんで
このような名前がつけられました。

現在は1階がお土産屋さん、2階がクラクフ国立美術館となっています。

基本情報
正式名称:The Cloth Hall
Sukiennice
住所:Rynek Główny 1-3, 30-001 Kraków, ポーランド
営業時間:夏季 9:00-19:00
冬季 10:00-18:00

[地図・アクセス]

1.3 聖マリア教会

筆者撮影

筆者撮影

出典: mariacki.com

出典:
mariacki.com

同じく中央広場に位置する美しい形の教会です。

この教会からはラッパの音色が響きわたるのですが、毎回途中で終わってしまいます。
なぜだと思いますか?

それは、その昔モンゴル軍がポーランドに侵攻してきた時のこと。
教会の塔にいたラッパ吹きがラッパを吹いて市民に事態を知らせようとしました。
ところが、それに気づいたモンゴル軍がラッパ吹きを射てしまったらしいのです。

ラッパの音色が流れてきたら、少し立ち止まって耳を傾けてみてください。
きっと、様々な思いが混じるポーランドの歴史を感じることができると思います。

基本情報
正式名称:Bazylika Mariacka
住所:plac Mariacki 5, 31-042 Kraków, ポーランド
営業時間:月〜土:11:30-18:00 日:14:00-18:00
入場料金:10PLN
電話番号:+48 12 422 05 21

[地図・アクセス]

2 ヴァヴェル城付近を散策すべし!

2.1 ヴァヴェル大聖堂

筆者撮影

筆者撮影

中央広場からまっすぐ南へと下がるとヴァヴェル城が見えてきます。
まず、城門をくぐるとすぐ左側にあるのが大聖堂。
かつては歴代ポーランド王の戴冠式も行われていました。

基本情報
正式名称:Katedra Wawelska
住所:
営業時間:夏季 月〜土: 9:00-17:00 日: 12:30-17:00
冬季 月〜土: 9:00-16:00 日: 12:30-16:00
入場料金:12zt
電話番号:
+48 12 429 95 16

[地図・アクセス]

2.2 旧王宮

出典:http://podroze.se.pl/polska/

出典:http://podroze.se.pl/polska/

現在、内部は王宮の展示として公開されていて、
16世紀から17世紀の頃を再現した部屋や数々のコレクションを見ることができます。

state room

state room 出典:http://www.katedra-wawelska.pl

 

bird room 出典:http://www.katedra-wawelska.pl

bird room
出典:http://www.katedra-wawelska.pl

基本情報
正式名称:Zamek Królewski na Wawelu
住所:Wawel 5, 31-001 Kraków, ポーランド
営業時間:夏季 月: 9:30-13:00 火〜金: 9:30-17:00 土・日: 10:00-17:00
冬季 月〜土: 9:30-16:00 日: 12:30-16:00  月は定休日
(施設により若干の差あり)
入場料金:施設により異なる
電話番号:+48 12 422 51 55

[地図・アクセス]

3 カジミエシュ地区を徒歩で散策

3.1 地元感あふれるマーケット

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

ポーランドのお土産を購入したいときにお勧めなのがココ!
下町感あふれるマーケットには、
地元の人がカラフルでかわいい雑貨をたくさん販売しています。

基本情報
正式名称:Warzywniak
住所:plac Nowy 4, 33-332 Kraków, ポーランド
営業時間:不明

[地図・アクセス]

3.2 KUPA シナゴーグ

筆者撮影

筆者撮影

ユダヤ人が多く住んできたカジミエシュ地区には
シナゴーグが密接して建設されています。筆者が訪れた際も予告も何もなしに閉まっているものもありましたが、
街の雰囲気を感じるためにも辺りを散策してみるのはとてもお勧めです。

基本情報
正式名称:Synagoga Kupa
住所:Warszauera 8, 30-001 Kraków, ポーランド
営業時間:9:30-
入場料金:5zt
電話番号:

[地図・アクセス]

4 夜の旧市街地も幻想的でステキ♡

最後にもう一度足を運んで欲しいのが夜の旧市街地です。
美しくライトアップされたその姿はうっとりしてしまいます。

ぜひ、馬車に乗ってゆっくりと旅のハイライトを迎えることをお勧めします。

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

ちなみに、クラクフはポーランド最大のクリスマスマーケットが開かれている都市なんですよ。

筆者撮影

筆者撮影

食に舌鼓するもよし、
かわいい雑貨を探すもよし。

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

可愛らしい夜の素敵なひと時を楽しんでください!

おわりに