LINEで送る
Pocket

はじめに

イギリスに留学中の方、これから留学する方
そしてイギリスに全く関係のない方も、
こんにちは。

私は現在イギリスのウェールズ地方の首都カーディフにある
カーディフ大学にて留学しています。

イギリスに留学していると
レストランで外食をすると高いため、

ファストフードで済ますという発想に至ることもしばしばです。

実際、カーディフの街を歩いていると、
マックやバーガーキング、KFCといった日本でもお馴染みのファストフードチェーン店を多数目にします。

そこで、ふと疑問に思ったのが
イギリス人ってどのくらいファストフードに親しんでいるのかということ。

どうせ主食ポテトだし、日本人よりファストフード好きなんじゃない?とは思ったものの、
毎日ハンバーガーって飽きないの?健康に悪いとは思わないの?との疑問も拭えない。
というわけであれこれ調査してみました。

1 イギリス人と日本人のファストフード利用頻度の違い

筆者作成

日本人とイギリス人でファストフォードの利用頻度を比較してみると、面白いことにその利用頻度に大きな差は見られません。筆者が特に興味深いと感じたのは利用しない人が日本・イギリスともに約4分の1を占めているということ。
これらのデータから、イギリス人も日本人も同程度ファストフードを利用していると結論付けていいでしょう。

ただし、イギリスで利用されるファストフード店と日本で利用されるファストフード店に違いがあるとしたら、話は変わってきますよね。

2 イギリス・日本で人気のファストフード店まとめ

2.1 イギリスで人気のファストフード店ベスト5

そこで、こちらのデータを見ていただきたい。
まずは、イギリスで過去3か月に訪れたファストフード店の割合です。

出典:How the rise of ‘posh’ burgers threatens fast food

出典:How the rise of ‘posh’ burgers threatens fast food

1位:McDonald’s
2位:KFC
3位:Subway
3位:Burger King
5位:Nando’s

日本でもお馴染みにファストフード店が並んでいます。

2.2 日本で人気のファストフード店ベスト5

それに対して日本はというと、

1位:McDonald’s
2位:ミスタードーナツ
3位:丸亀製麺
3位:すき家
5位:モスバーガー

つまり、日本でいうファストフードには
うどんや牛丼といったいわゆる”バーガー”でないものも含まれているのがわかります。
とは言え所詮ファストフードですから、
体に良いかと言われれば疑問は残りますが…

3 イギリスにおけるファストフードのトレンド

さて、これまでイギリスと日本でファストフード文化に対して大きな違いは見られていませんが、
では、ファストフードに対するトレンド・イメージはどうでしょうか。

こんな記事を見つけました。

”Fast food is benefiting from two trends in the UK. Firstly, busier lifestyles are making people less willing to cook for themselves, with many attracted to fast food by its affordable prices. In addition, the quality and diversity of fast food available in the UK continues to improve. A growing focus on health and quality is encouraging players to adapt their offer. Brands with a premium focus such as Five Guys in burger fast food and brands with a healthy image such as Itsu Sushi in Asian fast food performed well in 2015. As a result of these trends, overall fast food saw 2% current value growth in 2015, with this in line with the review period CAGR.” (Fast Food in the United Kingdom)

要約すると・・・

”現在、イギリスではファストフード業界において次の2つのトレンドが見られます。

人々のライフスタイルの変化によって自炊をしなくなり、安くても美味しいファストフードに手を伸ばすようになっている傾向が見られます。加えて、イギリスにおけるファストフードの配達サービスも向上を続けていることも、この傾向を後押ししています。

加えて、健康や食のクオリティーに対する消費者の関心が増大していることが、ファストフード業界に新たな風を吹かせています。例えば、プレミアム商品を売り出したファーストフードのバーガーチェーン店である”Five Guys”や、ヘルシーなイメージを構築したアジアファストフードの”Itsu Sushi”は2015年に良い評判を得ました。

こういったトレンドの結果、2015年におけるファストフードの売り上げはCAGRの調査によると2パーセント増加したと分かっています。”

なるほど、イギリスにてファストフードが人々に広く受け入られている理由には、ファストフードの手軽さに加えて、クオリティーの向上も見られることが分かります。

日本でもヘルシーかつ美味しいということは必ず求められる条件ではありますが、それはイギリスでも同じだったんですね。

おわりに

食事がまずいと言われてるイギリスですが、
このファストフードの傾向を見る限り彼らは努力しているといえるでしょう……
日本におけるコンビニおにぎりのハイクオリティーに勝るものが誕生することはあるのでしょうか。
今後に期待ですね。

参考URL:
https://www.statista.com/statistics/526024/fast-food-restaurant-visits-frequency-uk/
http://lifemedia.jp/everyen/entries/120